• コインランドリーの開業準備

    日本は、男性、女性ともに世界有数の平均寿命を誇る長寿社会ですが、豊かな老後を送るためには、公的年金だけでは心もとないのが現実です。たとえば70歳まで働いて、そのあと、何歳まで生きることができるかは予想ができないので、貯蓄があっても目減りが心配で、安心して使うことができません。


    そこで、年齢に関係なく収入が続けられる、労働がない”不労”所得を持っていれば、貯蓄のように尽きることを心配することなく、安心して長生きすることができます。

    コインランドリーを開業情報をお探しですか。

    不労所得の代表格は賃貸経営でしたが、不動産投資では初期投資が高額になることや、日本社会共通の不安である人口減少による需要減退のリスクが避けられません。

    コインランドリーは、開業にあたって設備投資を行い、以後は設備の維持管理を行う点で不動産投資と共通する面もありますが、不動産投資と比較すると小さな投資額で開業できることが特徴です。

    また、賃貸経営をする場合、アパートやマンションなどの、住宅用の家賃は消費税が非課税ですが、コインランドリーの収入は、他の多くの取引と同じように消費税が課税されます。



    非課税売上にかかる設備投資の消費税は還付申請をすることができませんが、課税売上にかかる設備投資では、初期投資にあたって支払った消費税の還付を受けることができます。



    コインランドリーを開業する場合、事前に課税事業者の選択手続きをしておくなど、手続きを踏むことで還付が受けられる場合があるので、税金、中でも消費税の取り扱いについて確認すると効果的です。