グループウェアの利点について

グループウェアを導入する利点は4つあります。
1つは社内意識の統一です。カレンダー機能などで他の社員の動向が分かることで何をやっているのかがわかります。
仕事の内容が分かることで会社として統一感が出てくる場合が多いです。

2つ目は口約束が減ることです。
言った言わないの議論は不毛であり、会議などでまとめられたことをグループウェアで公開すること、また、期限なども設定することで強制力が生まれます。


聞いていないからやらないということも防げますので会社として方向性を出したい時など重要な事でもあります。

グループウェアを導入するメリットは精神的な物以外もあります。

それはスケジュールなど自身で行っている情報に他人が作った情報が自動追加されることです。



カレンダー機能は外部のサービスとも連動できますから自分で自宅で書いたカレンダーが会社のカレンダーに自動登録され、逆に部署内などのスケジュールを自動で取り込んでくれます。プライベート用と会社用に分ける機能も充実しているのでグループウェアに登録させないこともできます。

All Aboutに関する疑問を解消してください。

グループウェアで利用が進んでいるのはファイル共有機能もあります。

ファイル共有機能ではメールで送っていたワードやパワーポイント、PDFなどの書類を一括管理できます。



特に会議資料などぎりぎりまで更新している場合にはバージョンが違うファイルを送ってしまうケースもありますので最新のファイルを登録しておける機能は重要です。