活用状況の確認を強化してグループウェアを使わせる

グループウェアの導入後に注視すべきは、利用者が情報をどのように扱っているのかです。
単なる記録の固まりなどと軽んじていると、社外に内容が広まりかねません。


取引先との契約で生じる書類と同じく重要度が高い対象であると自覚させるためには、厳重な保護の制度を実施するのが効果的です。仰々しいほど効果が出ると考えないと、抜本的な案は出ません。

さらに身近になった教えて!gooについて詳しく書かれています。

無線でも接続できて電子計算機内の情報を複製して保存できる道具が一般向けに浸透しているので、仕事で用いられないと考えずに対策を施します。
グループウェアを通して閲覧できる内容は膨大なので、一括で社外に持ち出される課題に直面しがちです。



外部的な記憶媒体がグループウェアの起動中に接続された折には、管理者に通知が届くように設定すると抑止力になります。

グループウェアの導入時点で周知徹底を図れば、電子計算機に何がしかの道具を接続しようと試みる利用者が激減します。
原始的な情報の保管方法を最大限に活用すれば、わざわざグループウェアから直接的に内容を複製しなくても事足りる実情があります。
目で見たものをそのまま紙に書き写すと、安易に持ち出すことが可能になるからです。



利用者の良心を信じることができない管理者は、作業者の手元だけを撮影して何が行われているのかを確認する傾向があります。集中力が削がれるなどと主張されても、業務上において行われる内容であれば記録されても問題はないので考えを押し通せます。